読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂は、いつも美しい~Healing salon starbow公開日誌

人生は宝探しのような瞬間の連続だ。どんな時でも「魂は、いつも美しい」starbowの中のひとによるBlogです

ラブレターFor・・・

・日々、感じたこと

ラブレターなんて書いたことないし、

書こうと思ったこともない。

 

それでも、なんか伝えたくなってキーボードを打つ手を進めています

 

この世界に、ただYesとわたしは言おう

 

f:id:toko-starbow737:20160819000443j:plain

愛していると言おう。

信じていると言おう。

 

いま言えることは、たったのこの三行。

32年生きてきて、自分の人生というタイムラインに声かける言葉はこれだけかいって感じですが。

 

いま、ともにいてくれる仲間とともに、

まだ、見ぬ仲間とともに、

 

この世界の可能性にハートを開いていよう

そんな風に思います。

 

 

**********

 

わたしは物心ついたときから、ずっと孤独感に苛まれていて、

実際、学校のともだちとも高校生になって全く環境が変わるまでは上手くいっていなかったし、学校という機関も教師も大嫌いだった。

 

家族のことも憎みこそすれ、愛しているとはお世辞にも言えなかった。

それも、20代後半にさしかかるまで、ずっと手放せずにいる恨みのような感情があった。

 

いまでこそ、好き勝手に言いたいことをそのまま、気ままに言葉を口から滑らせて、

わけのわからないことをいっては周りを混乱させたり、感極まったら急に号泣し出したり・・・

まあ、やりたい放題やっているわけですが(;´Д`)

 

わたし自身がこんな風に自分を【好きに】表現できる時間を持てるなんて、それこそ当時こどもだった自分には想像のつかないことでした

 

『明日、死ぬんじゃないか?』なんて、こころもとない気分とともに

「ぜってー死んでやるもんか!」という気持ちだけで毎日過ごした10代の前半。

 

今日まで生きることが出来て、ほんとに幸せです

神社にいってお参りするときは、最初にそうやって心の中で神様に伝えるようにしています。

 

気難しくて、強情で、ひっついたと思ったら突き放したり

やたら独りになりたがったり・・・。

とても協調性もなく、集団行動の苦手な自分がいま家族のように大事に思える仲間がいて、

 

好きだよ、好き勝手してても良いよって言ってもらえる。

 

なんて、ありがたいんだ~;つД`)

 

散々うたがって、

怖がって、

憎しんで、この世界の現実から目を背けていた。

 

でも、そんなことより大切で、美しくてきれいなものがたくさんある

 

そんなこの世界に、ただYesとわたしは言おう

 

愛していると言おう。

信じていると言おう。

 

これまでも。

これからも。

広告を非表示にする